記事一覧

管理画面

西国街道を歩く(2)

第2回、門戸厄神駅から、武庫川髭の渡しまで。

6083120.jpg

阪急電車今津線、門戸厄神駅の北側の踏み切り道から、北東方向の武庫川に向かいます。
608311.jpg

食堂、飲み屋の店がところどころにある通り。
608312.jpg

住宅街の真ん中に大きな楠の木。
608313.jpg

西宮市中心部を南北に連なる中津浜線との交差点。
西方向に向かえば門戸厄神、東方向には旧・西国街道の標識が。

608315.jpg

更に進み、住宅街の中を左折する旧・西国街道。
608316.jpg

僅かの距離の後、突き当りの阪神水道企業団の前を右折。
角に案内標識が。

608317.jpg

そして次の角を左折
608318.jpg

山陽新幹線の高架のひとつ手前を右折。住宅街の中へ。
608319.jpg

田んぼや、住宅街の中の細道、これも旧街道。
6083110.jpg

今度は左折して、新幹線の下を潜ります。
6083111.jpg

西宮市段上町8丁目を斜め、北東方向に進む。
6083112.jpg

西宮市内道路、雨水と下水マンホールの蓋。甲子園球場が刻まれている。
6083122.jpg

左に段上小学校、右に報徳学園高校。このあたりは通学道路。
6083121.jpg

幾度も角を曲がると、そのひとつに案内標識。
6083114.jpg

報徳学園横の細道を出て、右折すれば先に仁川に向かう道路。
6083115.jpg

さらに、武庫川土手に突き当たる。
6083116.jpg

土手上の車道は通行車が多く、歩道も無くて歩くには危険。
横断して、河川敷に出ると『髭の渡しの』案内標識が。

6083117.jpg

河川敷を南に向かい、『髭の渡し』の代替となった甲武橋を渡る。
甲武橋上で振り返り、西方向を眺める。六甲連山と手前の丸い山は甲山。

6083118.jpg

武庫川を渡って甲武橋の東端、ここから尼崎市に入る。
6083119.jpg

西国街道を歩く、第2回目はここまで。
次回は尼崎側の髭の渡しから、尼崎市を抜けて伊丹市に向かいます。


スポンサーサイト

Sponsored Link

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内でお探しの記事を検索します

ご訪問を感謝します

プロフィール

tsurukame

Author:tsurukame
鉄道好きの尼崎市南塚口町の住人です。
静寂で花の多い街の姿をカメラで紹介しています。
鉄道のホームページも合わせてご覧ください。

にほんブログ村

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: