記事一覧

管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

緑愕月の桂梅

熊野神社の境内、筆者の好きな緑の愕です。   寒くても、月日が経つとだんだんと開花して来ます、花たちは。 それは温度なのか、日射時間なのか、それとももっとほかの要因か。 不思議です。さて、明日からは3月です。花の季節です。...

続きを読む

緋の司枝垂れウメ

尼崎市熊野神社のウメ 枝垂れウメの樹全体の写真は、満開になってからにします。 それまでは、枝ぶりをご覧ください。   先週の水曜日、2月20日の写真です。 今日あたりから少し暖かくなる様子。 来週あたりは満開だと思います。 その時こそ満開の樹をご覧にいれます。...

続きを読む

メジロ三昧

尼崎市熊野神社境内、2月25日。...

続きを読む

クリスマスローズ

姿の全体が、今ひとつ整わない花です。   花は恥ずかしそうに下向きに咲きます。 葉と茎と花とが、入り乱れた姿です。 地上低く咲くので、通りに近いところに咲くと、人に踏まれそうになります。 昨日も公園で、たくさんの若い女性カメラマンの一群が樹木を撮影していました。 上向きにカメラを構えて動きますので、足元の花を踏みそうになっても気が付きません。 せめて、花が咲く囲い内に入らず、撮影して貰いたいものです。...

続きを読む

都市緑化植物園の紅白梅

尼崎市都市緑化植物園のウメ、五分から七分咲きでしょうか  カメラマンに取り、メジロは、 白い花よりも、赤い方に寄ってくれた方が都合が良い。...

続きを読む

カンザキアヤメ

この寒空の下、アヤメが咲いていました...

続きを読む

ポンプ場の庭園

尼崎市下水ポンプ場横、小さな庭園ハクモクレン、クリ、ブナの3本の樹が、花芽をしっかりと膨らませて、今や遅しと春を待っていますが、ここ数日強い寒気。来週初めまでも寒いとか。...

続きを読む

斑入りアオキ

彩りの少ないこの時期、赤い大きな実が目につきました。 無性に風の冷たさを強く感じる、今日2月21日のわが街、南塚口町でした。...

続きを読む

庄下川の梅

今年一番に登場のウメは、庄下川沿いの樹でした 新庄下橋の袂の一本。 サクラの陰にもう一本ありました。  尼崎市五合橋線、庄下川橋梁の袂のウメが、 四から五分咲きでした。 それにしても、今日20日の風はめっぽう冷たく、春はまだ先と教えられました。...

続きを読む

庄下川の春雨

弱い雨でも、一日近く降ると、庄下川の水量が随分と増えます。橋脚付近にいつもいるコイの群れ、今日はどこにいるのやら。気温が低くとも、鳥たちは元気です。左の鳥はくちばしの赤いミヤコドリらしい。右はアオサギ。鳥たちは元気でもカメラマンは傘を持ち片手が不自由。カメラ操作が上手く行きません。こちらはコサギ。何か見つかりますか?噴水付近では川面の温度の方が低く、蒸気が立っています。遊歩道も流れに埋まっています...

続きを読む

金刀比羅さんの石灯籠

神崎川の渡しを偲んで 戸ノ内町の向い、神崎町にあります。後の橋は、新幹線です。 詳しい説明があります。 近くにある道標。中国街道、有馬街道の案内。 離れた近くには、さらに有馬街道とその間道を示す道標もあります。 見難いのですが、右側面には、右 伊丹 中山 池田 能勢、左 昆陽 小濱 有馬 三田 とあります。やはり、詳しい説明がありました。  尼崎市のところどころにある、石灯籠、道標、さらに教育委員会による...

続きを読む

椋橋(くらはし)

尼崎市、戸ノ内町に架かる橋(3) 地図はこちら 3本目は、戸ノ内町の東を流れる旧猪名川(猪名川運河とも呼ばれる)に掛かる橋です。 上の地図はこちらをクリックして、参照してください 橋の東側から、兵庫県尼崎市の東端を望みます。 橋の西側から、東を望むとそこは大阪府豊中市です。すなわちここは、市境・県境です。 豊中市側、橋の袂に立つ、常夜灯。 詳しい説明もありました。 旧猪名川の北側には、阪急電車神戸線の...

続きを読む

戸ノ内橋

尼崎市戸ノ内町に架かる橋(2) 山手幹線(尼崎市~神戸市)の東端、大阪府との府県境近くにある、最近完成した橋です。 左が藻川橋、右が戸ノ内橋。両方の橋の中央緑地にある案内版です 山手幹線の建設経緯です。 完成記念にタイムカプセルが埋められたようです。 橋の欄干中央部にあるモニュメントです。 こちらは、建て替え前の戸ノ内橋の保存された銘板のようです。   一昔前、橋を渡ると、川の臭い匂いがただよっ...

続きを読む

モスリン(毛斯倫)大橋

尼崎市戸ノ内町に架かる3本の橋(その1) 地図はこちら パノラマ式に画像をつなぎ合わせた大橋の全貌です 橋桁中央部に書かれた名前 両端袂にある石碑 北側の戸ノ内町から、大阪市西淀川区を望む、新幹線列車も見えます。 戸ノ内側、旧猪名川と神崎川の合流部にある閘門。 その先の橋は豊中市と大阪市に跨る阪神高速大豊橋です。 神崎川のこの場所は三市境、ニ県境でもある、複雑な地域です。 西側から見た橋、神崎川の水は満...

続きを読む

名前の判らぬ温室の花々

温室内は快適で、色々な花にカメラを向けましたが、花の名前が判りません...

続きを読む

アマゾンユリ

尼崎市、都市緑化植物園の温室で アマゾンユリの原産地はコロンビアからペルーにかけてのアンデス山地であるとか。   純白の花は香りもよく、結婚式のブーケやコサージュに使われるという。 別名を擬宝珠水仙(ギボウシズイセン)ともいう。 説明文を、ブログ『花図鑑』より引用させていただきました。http://kyo-no-hana.com/blogs/kyohana/2011/11/post-2894.html...

続きを読む

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内でお探しの記事を検索します

ご訪問を感謝します

プロフィール

tsurukame

Author:tsurukame
鉄道好きの尼崎市南塚口町の住人です。
静寂で花の多い街の姿をカメラで紹介しています。
鉄道のホームページも合わせてご覧ください。

にほんブログ村

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。