記事一覧

管理画面

チューリップー道端の花壇

兵庫県尼崎市の北部、農業公園の近く。通りすがりに見つけた花壇です。...

続きを読む

緑のサクラ-緑顎八重桜

尼崎市立・尼崎高等学校の塀際。ソメイヨシノが散った後、数本の八重桜が満開になりました。緑鮮やかな顎でした。花の中央部は、うっすらとピンク色。...

続きを読む

ミクルマガエシ-桜

兵庫県伊丹市、昆陽南公園のサクラ。八重桜で、名前が『ミクルマガエシ』です。大阪造幣局の通り抜けでも見られるそうです。先日テレビで紹介されていました。そう云えば、『通り抜け』は今日4月15日迄ですね。...

続きを読む

笹原公園のカワヅザクラ

伊丹市笹原公園の河津桜が満開でした。...

続きを読む

中山寺

梅林を見物に、中山寺を訪ねました。山門をくぐり、五重塔を仰ぎ見ます。山門から続く石畳道の両脇、季節の花木が参拝客を迎えてくれます。黄金色のサンシュユリュウキュウ・アセビ大きくて、落ち着いたピンク色のツバキ大願塔手前、妙音殿脇のクロガネモチ、赤い実が鈴なり信徒会館前のウメ、ちょうど満開でした。その右、こちらも満開のウメ。遠方の山は甲山。...

続きを読む

甲東梅林(3)

『月影』 花梅、緑顎白色、中輪一重『白加賀』 実梅、白色、小輪一重『冬至』 花梅、白色、中輪一重『南高』 実梅、白色、中輪一重『藤牡丹枝垂』 花梅、濃ピンク色、中輪八重咲『黒梅』 花梅、紅色、大輪八重満開の梅林...

続きを読む

甲東梅林(2)

『八重林州』 実梅 薄ピンク色、中輪八重『緋の袴』 花梅、紅色、大輪八重『緋の司』 花梅、紅色、大輪八重...

続きを読む

甲東梅林

西宮市の甲東梅林を訪ねました。平日なのに、沢山の見物人で大賑わいでした。幼稚園の園児たちも。『道知辺』 (みちしるべ) 花梅、ピンク色、大輪一重『白玉梅』 (はくぎょくばい) 実梅、白色、中輪一重『白鳳』(しろほう) 花梅、ピンク色、大輪八重明日も続きます。...

続きを読む

梅にウグイス

熊野神社の梅にはメジロもよくやって来ます。でもメジロ達の写真が取れたのは、一昨年で、昨年は出合えずでした。梅見客の多い土日は、メジロ達もなかなか近づき難いようです。そこで今年は月曜の昼過ぎに訪れました。はじめは、スズメかなと思いながら、撮影していました。帰宅後、気づきました。ウグイスだったのです。梅の木、枝の上でなく、手前の大きな石碑の上でした。石碑には、『難波の梅』と刻印されています。熊野神社が...

続きを読む

尼崎 熊野神社の枝垂れ梅

今年も熊野神社を訪ねました。一番の目当てはこの枝垂れ梅です。その名も、『緋の司枝垂れ梅』です。...

続きを読む

ローバイ2019

このコーナーに、過去幾度か登場した通り道のローバイ。今年も健在でした。フェンス越しながら、遮りが無いのでローバイの真下からも好く観賞できます。黒くて大きな丸いものは、昨年の花が実ったローバイの種です。少しグロテスクですね。勿論、香りも素敵でした。...

続きを読む

高野山ケーブルカー

南海電鉄高野線、三代目ケーブルカーが車体更新されます。それに伴い、ラストランが昨年11月25日に催されました。下記の写真はその前日、11月24日の様子です。極楽橋駅近く。極楽橋駅乗降場。満員の参拝客を乗せ山上に向かうケーブルカー車体にはラストランの日にちと、四代目新車の運行開始が2019年春とありました。車内にも三代目の引退を惜しみ、その歴史が紹介されていました山上の高野山駅の2階には、ケーブルカーの歴史展が...

続きを読む

谷汲山 華厳寺

西国観音巡り第33番満願霊場谷汲山華厳寺...

続きを読む

尼崎市農業公園

今年の開花は少しゆっくりめ。...

続きを読む

あまがえるとアジサイ

農業公園に花菖蒲を見に行き、通りすがりのアジサイにあまがえるが乗っているのを見つけました。反対側から顔を覗いてみました。おやっ、こちら側にもう一匹。...

続きを読む

街角のアジサイ-雨降り

近畿地方に梅雨入りが発表された6月6日。小雨の中、尼崎市南塚口町近隣のアジサイです。...

続きを読む

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内でお探しの記事を検索します

ご訪問を感謝します

プロフィール

tsurukame

Author:tsurukame
鉄道好きの尼崎市南塚口町の住人です。
静寂で花の多い街の姿をカメラで紹介しています。
鉄道のホームページも合わせてご覧ください。

にほんブログ村

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: